スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第30回篠山ABCマラソン 詳細報告 

2010年 3月 7日
第30回篠山ABCマラソン
記録 4時間 4分38秒[ネット:3時間58分26秒]
           未登録男子2568位/6915人(完走者)

三度目の正直で、ネットながらサブフォー達成しました!
さて、レポートしましょう。

 前日、仕事を終えて、夜7時30分に自家用車で兵庫県宝塚市へ向けて
出発。夕食には、景気づけにcoco壱番屋のカツ(克?勝?)カレーを頂く。
睡眠が足りないと良い走りは出来ないので、12時ごろ就寝。

朝は、6時30分に起床。窓の外が薄暗い。「あ~。前日からの雨は上が
らんのか。」とがっかりしつつ外を見ると、やはり雨は止んでない様子。
そして、寒い。天気予報は、午後から雪になるかもしれないとのこと。

あまり気分が乗ってこないけど、私にとっては、暑いレースよりは断然良
いと気分を切替、準備にかかる。コンビニで買ったおにぎりを3個食べ、
更衣室は混んでるだろうから、ぱっと着替えられるように殆ど走れる装備
にウインドブレーカー上下を着て駅へ向かう。

列車に乗った頃は、傘無しでもいいかなって感じだったのに、窓にはどん
どん水滴が、、、止まないどころか、逆に降り出した様子。

最寄のJR篠山口駅を降りて、シャトルバスの列に並ぶが、やはり、昨年
とは比べ物にならないくらい人が多く、バス停は、改札左なのに混雑緩和
のため改札を出ていったん右へ行って左へ戻るとのこと。30分ぐらい待
ってバスに乗車し、やっとのことで、9時40分に会場へ。(運賃は280円)

受付終了の10時まで、割とギリギリにだったので、そのまま、受付へ行
きナンバーカードと計測チップを受け取る。
今年から、ちょっと代わってプレート式の計測チップになった。(靴に
つけることと、レース後回収されるいう点では同じ。)
30th_sasayama_tag.png

雨は降っているけど傘はなくても気にならない状態なので、時間も無いし、
屋外で着替えることにした。予めほとんど着ていったので、ソックスを履
き替え、ランシャツ・ランパンを着てシューズを履いて、雨よけにビニー
ル袋のかっぱを着た。それと、今日のサングラスは、ピンクレンズ。視界
が明るく見えるので体感の寒さが少しでも軽減されるかな?

時間は10時20分。スタートブロックのゲートクローズが10時30分
なので、けっこうギリギリ。そそくさと、荷物を預けて、Cブロックのゲ
ートへ急ぐ。トイレにも行きたいが、ゲートがクローズされるとEブロッ
クからのスタートになってしまうし、ゲートをくぐってもトイレはあった
はずなので、そのままCブロックの最後尾に滑り込んだ。

10時50分。気温は5℃。あいかわらず、雨は振っているといえば振っ
てるしやんでるといえばやんでる状態のなか、未登録の部スタート。

例年通りではあるが、号砲が鳴っても列はのろのろ進みスタートラインあ
たりでやっとジョギングが出来る感じになる。
恒例の「かつみさゆり」のご両人に手を振っていよいよスタート!

こんな天気なのに、沿道の応援は、例年通りであったかく力になる。少年
野球をやっている子供たちが、飴・チョコレートをざるにいれて、ランナ
ー提供してくれる。ハイタッチで力をくれる子ども、おじさん、身体は寒
いけど気分はぽっかぽかである。
そして、3kmあたりで、かつみさゆりさんとハイタッチ!
このあたりで、結構汗が出て暑くなってきたので、ビニール袋を脱ぐ。
(大雨になったときのことを考え、ポーチのベルトに縛った。結局最後ま
 で持って走ったのでAllSportsの写真にもバッチリゴミ袋が写るおまけ付
 きとなった)

5キロ過ぎで、「かつみさゆり」さんと2回目のハイタッチ!

10kmの給水を過ぎたあたりで、自前のポカリを一口。
(私は、給水所の混雑がいやなのと、いざという時に安心感があるので、
 いつもポカリを入れたボトルを持って走っている。篠山は、未登録の
 ランナーでもスペシャルテーブルが利用できるが、自分のを探すのが
 大変そうなので、やはり持参する。)

坦々と進み15キロ手前で空腹感が出てきたため、私設エイドの黒豆茶と
持参のパワーバージェルでエネルギー補給。

そして、右手に毎年恒例の、牛を連れたおじさんを確認し、先へと進む。

18キロ地点では、ブラスバンドが「ランナー」「負けないで」を雨にも
負けず、応援してくれる。この地点は、坂を上ったところになるので、
上りながら、かすかに音が聞こえてくる。何があるか、わかっているだけ
に余計に元気が出るなぁ。
30tn_sasayama_abc_brassband.PNG

20キロあたりでは、毎年有森さんがいるので、ハイタッチ!と思ったが、
今年はいなくて、ちょっと残念。タイミングが悪かったようだ。

そして今回のおおきなトピックスが3キロ地点!
なんと!なんと!太平サブローさんを追い越した!!
声をかけるのもどうかということで、スルーしてしまいました。

25キロ過ぎにランデザインさんのエイドでコーラを一口頂いた。
うまい!甘みと炭酸がうれしく気分が爽快になりますね。
世界初のスペシャルドリンクがガス抜きコーラだったらしいが納得!

そんなこんなで、30kmの給水ポイントまで来てしまった。
空腹感がでてきたし、何とか予定のペースで30キロまで、来れたので、
一旦、立ち止まって、パワーバージェルを補給。
折り返し後、いったん止まって自前のポカリを補給した。
ここでやめようかそのままのペースでがんばるか自分との戦いが始まった。
この天候なので、歩いたり余りペースを落とすと寒いだろうと思い直し、
「いけるとこまでいくか!」と再び走り出す。

ところで、このコースは25キロから35キロまでが唯一対面になる。
折り返した後は、足取りが重そうなランナーと多くすれ違う。
そして、その中に「アジアンの隅田」さん発見!
やはり、重そうな足取りだったけど、がんばっていた。
思わず「ふぁいと!」と声をかけてしまった。
チラッとこっち見て手を上げてくれたけど、余分な体力使わしたなぁ。
「ごめんね。隅田さん」

35キロ過ぎてからは再び道路もいっぱいに使える。
どうしても水が飲みたくて、40キロ過ぎの給水ポイントで、コップを
取ってゴミ箱まで歩きながら飲んだ。

川沿いを何とか踏ん張り、森ノ宮のRWSのORAO店長さん(ブログ
がためになります)の応援も頂き、なんとか踏ん張る。

最後は、お堀沿いの直線(少し上り坂があってつらい)は、Wマイケル
の応援にこころが癒された。

そしてお堀を越えてゴール!

公式時計は、4時間14分38秒
(ここの公式時計は、10分先にスタートする登録選手の時間です)
 つまり、われわれは、ここから10分マイナス)
ロスタイムが5分ぐらいだからなんとかサブフォー確保だ!

完走メダルをかけてもらって、計測チップを返却。

気温が高ければ、そのまま、しし汁をいただくくが、
寒いのでとりあえず着替えたい。荷物を受け取ったのはいいが、まだ
雨が降っているので着替えの場所をどうしようかと悩む。

辺りを見回すと、屋根のある自転車置き場発見。
そしてなんとか、一人分のスペースがある。ラッキー!ここだ!
と滑り込み、汗と雨でぬれた身体を震えながらタオルで拭きつつ着替
えた。周りの人もみんな震えながらの着替えだった。

この時点で、お腹はすいていたが、猪汁まで戻るのもおっくうなので、
そのまま、お土産をい、シャトルバスで、JR篠山口駅へ向かい岐路に
着いたのであった。

【雑感】
条件が悪いなりにうまくまとめられたような気がします。練習不足の不安
との戦いだったが、意外といけてしまったので、逆にまずいかも。
次の「とくしまマラソン」を消化レースにしないためにも、怪我のないよ
うにしっかり準備したい。


【過去の記録と比較】
28th_30tn_sasayama_abc_full.PNG

公式記録的に、第29回の記録が良いのは、スタートブロックの差。
昨年がBで今年はCブロック。去年と同じタイムを申請したの、過去最
多の1万3千人のエントリーがあっただけあります。
それと、ブロック内設置のトイレに並んでいる間に隊列が前方へ移動し
始めたので、殆どDブロックに選手と同じになったことも付け加えてお
きます。
[ 2010/03/17 00:26 ] レース | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。