スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

下関海峡マラソン2010 

2010年11月 7日
下関海峡マラソン2010
記録 4時間24分30秒[ネット:4時間22分39秒]

当日色々ありましたので、レース以外の部分は、別途書きます。

さてそのレースそのものは、あ~またやっちまいました。
いつものとおり脚の痙攣です。
このレースは、前半20kmがほぼ平たんなのですが、後半20kmが
アップダウンが多く足に負担がかかります。加えて昨日は、
気温が高く、8時30分のスタート時点で16度正午頃は20度まで
あがりました。海沿いのコースなのですが、風は余り感じませ
んでした。
スタート直後から余りペースが上がらず、後半もコースが厳し
いようなので、早々に自己ベスト更新はあきらめ、サブフォー
確保で景色を楽しみながら走ろうと、気持ちを切替ました。
19キロ付近でトイレに行きましたが、この辺までは、全く余裕
でした。で、いよいよ20km過ぎから、アップダウンの始まりで
す。のぼりがあればくだりがあると自分自身に言い聞かせ、ト
ータルで平均5分30秒のラップを刻むつもりで無理せず上ります。
ところが、25キロ付近で、左内転筋がピクピク。ヤバイ!と思
ったのもつかの間、次に、両足の太もも前面が痙攣しそうにな
ります。ここからは、給水所で、スポーツドリンクを飲み、水
で脚を冷やしての繰り返しになりました。30kmまでは、余り立
ち止まることも無く若干のペースダウンで済んだのですが、以
降は、痙攣がひどく、立ち止まって収まるのを待つしかありま
せんでした。このようになってしまうと私の場合、歩くことも
出来なくなるので後続のランナーにどんどんおいていかれます。
このときばかりは悔しいやら情けないやらで心も折れそうにな
ります。32キロ過ぎには、痙攣がとうとう左ふくらはぎに発生
し立ち止まって伸ばすこと数分。何とか持ち直し、走り出しま
した。33キロを過ぎたところで、コースが街中に入り、目の前
にコンビニが!なぜかポケットに入っていた500円玉を握り締め
ロックアイスを買いにいきました。コース脇に座り込んで痙攣
した筋肉を冷やしました。後続のランナーでも歩いていたラン
ナーに氷を分けつつ何とか、また走り出しました。が、冷却の
効果も無く38キロ地点でまたもや痙攣で立ち止まりましたが、
あとわずかと気力を振り絞りなんとかフィニッシュでした。

いつも思うのですが、マラソンは、30km過ぎてからが本番なん
だなということですね。痙攣は、発汗によりミネラルバランス
が崩れるからだといいますが、結局のところ、もっと修行を積
んでアップダウンに負けない脚を作ら無いといけないのだと思
います。

下関海峡マラソン2010

※ 20km~21km と 37~38km は彦島トンネルに中がキロ表示がありますので
  前後のラップは正確ではないかもしれません。
  最後のラップは、止め忘れのためちょっとおかしい内容です。
スポンサーサイト
[ 2010/11/08 23:17 ] レース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://plasmarc2.blog78.fc2.com/tb.php/106-c3edbcbf








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。