スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トレーニング計画再考 ~eA式マラソントレーニングを参考に~ 

久しぶりの更新です。なかなか頻繁に更新するのは大変ですね。

さて、何事に取り組むにも、書物を参考にすることがあります。
過去、ランナーズ・クリール等の雑誌やマラソントレーニング本を読んできました。
で、2008年末から、参考にしているのが、この本です。

eA式 マラソン走力UPトレーニングeA式 マラソン走力UPトレーニング
(2008/11/18)
鈴木 彰

商品詳細を見る

著者の鈴木彰さんは、「特定非営利活動法人 あっとランナー」を主催され
マラソン・ランニングをサポート!~あっとランナーというHPと、
メールマガジンの「BEST RUN!」を発行されているので、
ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私が、参考にしたのは、7原則中、次の3つです。
1.少しずつ付加を高めてレベルを上げていく
  伸びしろをとっておく=腹八分目のトレーニングを積み重ねる
2.余裕度をアップさせることを意識する
  苦しさに慣れるのではなく余裕のある状態を維持させる
3.走った距離を積み重ねるだけでは速くならない
  走行距離は「伸びるのも」であって「伸ばすもの」のではない。

実際に過去のトレーニング内容振り返ると、
苦しいのを我慢してスピードや距離に慣れようとしていました。
平日は、10km~15kmあたりをそこそこ頑張って走る。
週末はLSDで2時間(16kmくらい)。
たまに20km走はやるけど、
長い30km走はレース前に1回やれば十分。
なぜか、サブフォーぐらいそれなりに達成できるだろうという
根拠のない過信があったように思います。

あらためて、自分の能力を振り返ります。
私の場合は、本当に42.195km走りきるためのトレーニングをして、
その能力が備わっていたのか。。。。。

そこで、この本を参考に、2009年年明けからとくしまマラソンまでの
5ヶ月弱をどのように準備するか白紙から考えました。

目標は、もちろん「とくしまマラソン2009でサブフォー」です。
また「ゴールした後もまだもう少しなら走れる。」と余裕を残すようなレースをしたい。

そして、12月下旬から、次のようになトレーニング計画をたてました。
基本的には、火木土日の週4日をトレーニング日とし、
平日は、火・木に、10~15キロの速いジョグ(5分半前後)
土曜日は、ロング走として25~30キロ走(キロ6分)
日曜日は、LSDとして3時間(キロ7分~7分半)
余裕があれば、土曜日のロング走はペースをあげず距離を伸ばし、
日曜日は、ロング走の距離が伸びるとLSDより長時間になるので、
負荷のかけ方をかえて10キロのペース走(5分前後)に切り替えます。

このスケジュールで、「マラソンの脚」ができると信じて
トレーニングに取り組むことにしました。

気分も新たに、2009年の幕開けです!!

スポンサーサイト
[ 2009/07/15 01:27 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://plasmarc2.blog78.fc2.com/tb.php/48-98256176








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。