スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初ハーフマラソンの記憶 ~第6回吉野川市リバーサイドハーフマラソン~ 

2007年 3月 4日
第6回吉野川市リバーサイドハーフマラソン
記録 2時間16分16秒

走り始めて、5ヵ月後、初めてレースに出ました。
しかも、ハーフマラソン。
練習で、近所の平坦な遊歩道(1.4km)を6往復=16.8kmが
走れるるようになったし、がんばれば、2時間チョットくらいで
走れそうな気がしてエントリーしました。

当日は、少し風がありましたが、とてもいい天気でした。
特に緊張することはないと思っていたのですが、心拍計の
数値は、スタートまでにどんどん上がり、170台へ。
スタートもしてないのに大丈夫か?と思いつつスタートラインへ。

スタート直後は、冷静にいけるはずもなく、周りに飲まれて、
最初の1kmは、なんと5分49秒。
普段は、もっと短い距離を走るのでも1km6分位で走っているのに、
これで最後まで持つのかと不安になるも、アドレナリンが出るから
大丈夫と勝手に思いそのまま、走り続けました。

第一折り返し(6.7km)までは、なんとか頑張れましたが、
だんだんと足が動かなくなってきました。
そのうえ、第二折り返しまでは、向かい風!

阿波中央橋を過ぎ、ゴール地点を横目で見ながら、遠くに
見えた第二折り返し地点のある西条大橋の姿は、永遠に
感じました。

なんとか、向かい風と戦いながら、折り返し地点へ、
これで、ゴールまでは「追い風!」とよろこんだのに、
風を感じません。
「なんで?!風は止んでしまったん?」
しかし、周りを見渡すと、土手の草は揺れています???

そうです、風の速度と走る速度が一緒だったのです。
この時学びました、風は敵!

がっかりしながらも、
風の速度が変わるのか、こっちの速度が変わるのか、
たまに、追い風をうけて、走り続けました。

「歩きたい!」「止まりたい!」「やめたい!」「お腹空いた!」と
何度も思いながら、なんとか止まらず歩かずゴール!
周りの人には、歩いているようにしか見えなかったことでしょう。

ゴールした時は、「やっと止まれる。」と思い、
「腹へった!」と叫びました。本当に、お腹が空きました。

レース後は、うどんが振舞われるのですが、食べ足りず、
帰りに、海鮮丼を食べてやっと満足した感じだったです。

この初レースがトラウマになったのか、
最近まで、エネルギー源をいっぱい持って走らないと
とっても不安でした。

これが、初ハーフマラソンの記憶です。

こんなレースしても、飽きずにランニングを続けています。

第6回吉野川市リバーサイドハーフマラソン
スポンサーサイト
[ 2009/05/15 00:55 ] レース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://plasmarc2.blog78.fc2.com/tb.php/8-50906dd1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。